松本亭で味わう、日本の四季

いらっしゃいませ。
京都と奈良の中間に位置する笠置山で、1890年(明治23年)の創業以来、100年以上に渡り代々続いてきた老舗料理旅館松本亭です。中世の歴史と史跡名勝に囲まれた笠置山で“家族のようなおもてなし”を大切に営んでまいりました。
山奥の小さな旅館ですが、名物の「雉(きじ)料理」をはじめ、学生様の合宿、企業様の研修、社交ダンス・囲碁・将棋など趣味の会の集まりなどで、年中賑わいを見せております。
ご宿泊頂くプラン以外にも、きじ料理のみご提供させて頂くプランもご用意。お食事だけのお客様も大歓迎です。どなた様も、是非松本亭をご利用下さい。

古来、日本のきじ食肉の歴史は古く「古事記」や「万葉集」にも記され、鳥肉中の最高のものとして饗宴や貴族の膳に欠かせないものとされてきました。

大自然の頂に触れながら心を癒し、同友との趣味の会や合宿を満喫。仲間と共に心をひとつに、時を忘れ、また時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

合宿・研修・趣味の会にも

ご予約・お問い合わせはお気軽に

お知らせ

© 自遊宿・料理旅館松本亭